中古トラック買取の手続きについて

中古トラック買取の手続きについて

トラックを買取してもらうためには、適切な手続きが必要になります。

 

中古トラックとして買取してもらえる業者が決まったら、
買取依頼をして手続きをすすめていきましょう。

 

業者に依頼をすると、必要な書類や手続きに関して
詳しい情報を教えてもらえますのでその指示に従いましょう。
 

 

そろえる必要書類ですが、絶対に必要になってくるのが車検証です。

 

もしもこれを紛失してしまった場合ですが、
再発行手続きがとれますので管轄の運輸局に再発行を依頼しましょう。

 

自動車税の支払い証明書も必要な書類の一つになります。
自動車税は毎年5月の末までに納めるように指示されますので、
その際に支払った証明書を必ず保管しておきましょう。

 

自動車税の支払い証明書は車検証などと一緒に
車のダッシュボードの中に保管しておくと、わかりやすいと思います。

 

他にも自賠責保険証の証明書も必要になります。
これはトラックを購入時に強制的に加入させられる保険で、
車検を受けた時にも再度更新手続きが取られます。

 

さらには印鑑証明書も必要になってきます。
所有者が法人か個人によって必要な印鑑が異なりますので、
その所有者名義の印鑑証明が必要になります。

 

トラックの場合、商用で使用する機会が多いため
法人名義で所有されているケースが多く見られます。

 

法人の場合も重要書類等の作成時などに印鑑証明が必要になりますので、
法人用の印鑑を作成して早めに印鑑登録を済ませておきましょう。

 

車を買取してもらう手続きは面倒な部分も多々ありますが、
これらの手続きを一括して中古トラック買取業者に依頼することもできます。